C++ ときどき ごはん、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にC++。

C++

UE4/C++, Blueprint: UAsyncTaskDownloadImage を拡張した実装を使いたい場合にリンクが必要となる RHI と RenderCore のメモ

状況 UAsyncTaskDownloadImage はブループリントでは癖の強めの非同期処理ノード。何かを For などでループしながら DownloadImage ノードを使い OnSuccess にテクスチャーデータだけでなく何らかのインデックスなどの付加情報を引っ掛けた処理を行わせよう…

UE4/C++,Blueprint: BPへ関数のパラメーターを参照だけど入力としてノードを与えたい場合にどうするか

問題 UFUNCTION( BlueprintCallable ) static void Something1( FVector& VR , const FIntVector VC ); このような UE4/C++ で生成される Blueprint ノードは、 VC を入力ピン、 VR を出力ピンにしてしまう。 VR も入力ピンの意図で実装した場合に Blueprint…

UE4/C++: Stats ( Profiler ) 機能の組み込みと使い方メモ

Runtime/Core/Public/Stats/Stats.h で宣言・定義される Stats ( Profiler ) 機能を C++ コードに仕込んで UE4Editor のプロファイラーでお手軽に負荷など調べる方法のメモ。 仕込み // MySourceFile.h #pragma once #include "CoreMinimal.h" // 略 // MySo…

UE4/C++: DECLARE_DYNAMIC_MULTICAST_DELEGATE_OneParam と TArray

問題 C++ コードの実装に DECLARE_DYNAMIC_MULTICAST_DELEGATE_OneParam マクロを使い、パラメーターに TArray を入れて Delay (Blueprintノード右上に時計マークの出るアレ)を経て結果を処理できる非同期動作のデータのジェネレーターを UE4 の勉強と練習…

UE4/C++: http(s) リクエストに FHttpModule 系を使う場合の OnProcessRequestComplete/FHttpRequestCompleteDelegate の成否フラグの注意どころ

UE4 の FHttpModule の OnProcessRequestComplete / FHttpRequestCompleteDelegate には若干、罠どころがある // UE4/C++ でフレームワークに用意された方法で HTTP リクエストを発行し、 // HTTP レスポンスを得て何かしたい場合のコード例 auto http = &FH…

UE4/C++: TArray 夏の怪談💀 AllocatorInstance が nullptr の巻

怪異 ↑キャッチーな画像という事ではなくて、実際にこういう事が「うっかり」で起こるので気をつけたい、という怪談です 冒頭のスクリーンショットは UE4 の Array.h ( TArray )の ResizeTo メンバー関数が呼ばれた際に AllocatorInstance メンバーが null…

UE4/C++ で lambda-expression なタスクをお手軽に非同期処理に投げる方法

// 最小限のコード例 // グラフの意味はさておき、単発のタスクを // とりあえずなんでもよいのでUE4のタスクプールに投げたい場合はこれだけでも動作する FFunctionGraphTask::CreateAndDispatchWhenReady( []{}, TStatId(), nullptr ); // 解説用に関連し…

UE4/C++: UMaterialInstanceDynamic を生成したり UPrimitive 的な何かにセットしたりするコードスニペット的なメモ

// ぱたーん1: マテリアルインスタンスダイナミックを複数の何かのマテリアルとして使いまわしたい場合 // 1.1. AActor 系のどこかなどで、とりあえずマテリアルインスタンスダイナミックをマテリアルアセットから作る: auto m = UMaterialInstanceDynamic::…

UE4/C++: 4.18 以降発生するクリップボードのAPI仕様変更に伴う警告と必要な修正

状況 FGenericPlatformMisc::ClipboardCopy または FGenericPlatformMisc::ClipboardPaste を使用している場合、UE4-4.18 以降で API の仕様変更に伴う警告が翻訳時に発生する。 warning C4996: 'FGenericPlatformMisc::ClipboardCopy': FPlatformMisc::Clip…

UE4/C++: 4.18 -> 4.19 エンジンアップデートトラブル; `UMaterialInstance::GetVectorParameterValue` の仕様変更と "Material Layers"

現行プロジェクトに必要なプラグインの 4.19 対応も進んできたので、手元のプロジェクトを 4.18 から 4.19 へエンジンアップデートしてみました。エンジンの仕様変更によるトラブルがあったので対処方法と併せて紹介します。 4.18 -> 4.19 における UMateria…

UE4/C++: JSON/XML/portable-binary 等の汎用シリアライズライブラリー cereal に UE4 の各種型を非侵入型アダプターで対応させるライブラリー cereal-UE4 を公開しました

cereal-UE4 GitHub - usagi/cereal-UE4: cereal ( C++ serialization library ) adapter for UE4 ( Unreal Engine ) types cereal について https://uscilab.github.io/cereal/ 近年モダンな C++er にしばしば使われていると思われる JSON / XML / Binary ( …

UE4: std::unordered_map だと少し面倒だけど TMap なら簡単にできる Key の書き換え

// てきとーな TMap TMap< FString, int32 > m; m.Add( "hoge", 123 ); m.Add( "fuga", 234 ); m.Add( "piyo", 345 ); // マップの対を逐次参照で列挙しつつ Key を書き換える for ( auto& p : m ) p.Key = p.Key .Replace( TEXT( "g" ), TEXT( "G" ) ) .Rep…

UE4: バイナリー配布や実行時リンク向けのライブラリーを UE4 プロジェクトへ組み入れる方法を mecab で解説

概要 UE4 のプロジェクトの C++ コードへ UE4 とは特に関係の無い一般のライブラリーをリンクするのは少々面倒な事がある。ヘッダーオンリーなライブラリー、例えば Eigen や stb あるいは Boost の一部をリンクするような場合は困らない。しかし、バイナリ…

UE4: Blueprint 向けに WorldContextObject が必要な機能を提供する際に暗黙的に WorldContextObject を扱わせられるように C++ コードで対応する方法

概要 状況の例として、 Blueprint へ特定のアクターを引っ張り出させる次のような実装を提供したいとする。 設計上必ず1つ AMySpecialActor が配置されていて、 // 定義はどうあれ、どこかに定義され1つだけは常に配置される AMySpecialSomething アクター U…

A Poem of "Hello, World!" using C++

0. はじめに この記事は 初心者C++er Advent Calendar 2017 の DAY 24 に寄稿したものです。 概要 「C++初心者向けの記事を書く」というお題のアドベンカレンダーがあったので、私が思いつく限りで兎にも角にも "Hello, World!" を出力する C++ を使ったコー…

CPP-QUIZ Q5 のこたえ、マクローリン展開による sin/cos の高速化に潜んでいた大きな誤差を生じるバグ

概要 この記事を書くきっかけは先日書いた記事 CPP-QUIZ from Unreal 2017 ( part-1/2; 出題編 ) の Q5. について、こたえとして掲載したコードについて、 Twitter にて @nekketsuuu さんから次のようなご指摘を頂いた事でした。ありがとうございます @USAGI…

CPP-QUIZ from Unreal 2017 ( part-2/2; 答え編 )

(この記事は前の投稿 CPP-QUIZ from Unreal 2017 ( part-2/2; 出題編 ) に対応する答え編です。) 2. こたえ Q1. float 型の [ 0.0 .. 1.0 ] の値を uint8 型の [ 0 .. 256 ) へ写像したかった 出題のソースコードでは、 "出力が 255 となる元の値の範囲" …

CPP-QUIZ from Unreal 2017 ( part-1/2; 出題編 )

0. はじめに この記事は C++ Advent Calendar 2017 の DAY 1 に寄稿したものです。 初日は楽しい記事が良いだろうと考え、クイズ形式で C++ コードを楽しむコンセプトで記事を書くことにしました。今年は UE4 の C++ 実装を眺める時間が業務でも多くなりまし…

Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-5/5)

(はてなブログの記事あたりの容量制限のため前の部分 §1.10. までは前の記事でどうぞ→Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-4/5) - C++ ときどき ごはん、わりとてぃーぶれいく☆) 1.11. UE4/C++ における入門的な「スレッド」ライブラリーの std 互換性 s…

Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-4/5)

(はてなブログの記事あたりの容量制限のため前の部分 §1.9.4 までは前の記事でどうぞ→http://usagi.hatenablog.jp/entry/2017/12/01/ac_ue4_2_p3) 1.9.5 FMath に含まれる型 FMath には3次元の可視空間を扱う上で必要な形状や数値を扱うための型も定義され…

Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-3/5)

(はてなブログの記事あたりの容量制限のため前の部分 §1.9.3 までは前の記事でどうぞ→Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-2/5) - C++ ときどき ごはん、わりとてぃーぶれいく☆) 1.9.4. Fmath の真価 前項では FMath について少し残念な結果も見えたが、…

Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-2/5)

(はてなブログの記事あたりの容量制限のため前の部分 §1.8. までは前の記事でどうぞ→http://usagi.hatenablog.jp/entry/2017/12/01/ac_ue4_2) 1.9. UE4/C++ における入門的な「数学」ライブラリーの std 互換性と独自性 1.9.1. FMath における C++ CRT 互…

Real Unreal Engine C++ 2017-12 (part-1/5)

0. はじめに この記事は Unreal Engine 4 (UE4) その2 Advent Calendar 2017 の DAY 1 に寄稿したものです。 1. 概要 std 慣れしたプロフェッショナルとしてある程度の経験と知識のあるベテランの C++er でも UE4 フレームワークの C++ ソースコードと対峙す…

UE4: クラスファイルにたいてい仕込むログマクロの糖衣マクロ

UE4 に C++ コードファイルを追加する場合、特に UCLASS では規模がよほど小さくない限りたいてい定義するログマクロの定義と糖衣を紹介。 // MyHoge.h // コンパイラーオプションで MYHOGE_ENABLE_LOG=1 など明示的に渡されない場合でも // デバッグビルド…

UE4: UnrealWebServer-1.4 の GetData に文字列末尾が汚染されるバグを見つけたので応急対処法

1. UnrealWebServer Unreal Web Server – IsaraTech 2. 問題 UnrealWebServer-1.4 の GetData API の返り値の文字列の末尾がランダムな文字群で汚染されるバグに遭遇した。高頻度で汚染される。 GetData API は POST のリクエストボディー全体を一括取得する…

C++: C プリプロセッサーで定義されるマクロに空のパラメーターを渡す合法性

背景 ソースコード中に大量の少し複雑なアクセサー大量に定義する必要があり、久しぶりに C プリプロセッサーのマクロでアートする機会がありました。マクロを組み上げる上で1つ気になる事が生じました。「マクロに空のパラメーターを渡すのは合法か?」と。…

UE4: コンポーネントをアタッチする状況により潜む罠

今回紹介する「コンポーネントのアタッチ状況により潜む罠」は3つ以上のコンポーネントを"縦"にアタッチ(†)する場合に生じる可能性のある罠です。 例として、2つの USceneComponent と1つの UStaticMeshComponent を"縦"にアタッチする状況を幾つか挙げま…

UE4: C++ クラスで実装したアクターのコンポーネントの OnComponentBeginOverlap.AddDynamic 等がうまく動作しない時に確認すること

「C++ でアクターを実装し、 StaticMeshComponent のオーバーラップイベントを受けたい、と思ったがなぜか StaticMeshComponent に OnComponentBeginOverlap.AddDynamic した this の TriggerEnter が呼ばれない。」 そんな時には UFUNCTION が TriggerEnter…

UE4: C++ コード から C++ クラスまたは Blueprint のアクターを FindObject して SpawnActor する方法

UE4/C++er も Blueprint クラスを C++ コードから使用する必要がある場合はまま生じます。C++で実装するよりも Blueprint で実装した方が都合の善いクラスを C++ で実装したクラスから扱いたい場合にどうするか、 SpawnActor する場合を例に、 C++ クラスを…

UE4/C++: アクターのメンバー関数内で AActor 派生の任意のユーザー定義型のオブジェクトを列挙する方法

// TActorIterator で AActor 派生の任意のユーザー定義型のオブジェクトを列挙 // AHogePawn は列挙したい AActor 派生のユーザー定義型 // GetWorld() は AActor のメンバー関数 { auto counter = 0; for ( TActorIterator< AHogePawn > i( GetWorld() ); …