C++ ときどき ごはん、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にC++。

スマートフォンが落下などにより画面を使用不能に陥った場合の対処方法

Zenfone Go がトイレへ駆け込む際にトイレットペーパーを補充しようとしている間に棚から落ちて画面が死にました。

f:id:USAGI-WRP:20171018204134j:plain

まあ、操作できません。しかし、幸いな事にこの Android 端末は USB デバッグ機能が ON に設定されています。そこで Vysor を PC の Chrome へインストールし、 USB ケーブルでこの画面の死んだ Zenfone Go を PC に接続します。

f:id:USAGI-WRP:20171018203615p:plain

接続すると Chrome の Vysor が自動的に Android 側に必要なパッケージのインストールを行い、 PC からポインティングデバイスで操作可能な状態になります。キーボードは International を長押ししてインストールされている Vysor に切り替えると日本語入力含め使用できますが、 Vysor が死ぬことがしばしばありましたので、ポインティングデバイスだけでぽちぽち操作するのが安全なようです。

一部のアプリケーションでは新しいスマートフォンを購入した後にアプリ専用のデータの移行方法が必要などありますから重宝します。

だそく

さて、やはり CAT S60 が欲しいのですが日本では公式な取り扱いがありません。 S40 は安いけど機能、性能的にしょぼいし。 Zenfone のツルツルデザインは滑って落ちやすい事が今回の件以外でもしばしば不便に思っていましたので Zenfone4 など買うかは少々微妙な心境です。

参考

  1. Vysor