読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++ ときどき ごはん、わりとてぃーぶれいく☆

Wonder Rabbit Projectのなかのひとのブログ。主にC++。

openSUSE-12.2にRictyフォントを導入する際の注意

Abstract

openSUSE-12.2環境に置いて`./ricty-generator.sh auto`はシステムに導入されたInconsolata/M+ 1M regular/M+ 1M boldの各フォントファイルを見つけてくれない。

% ./ricty-generator.sh auto
 ...
Error: ... not found

手作業で各フォントを指定する必要がある。更に言うとopenSUSE-12.2のInconsolata/M+ 1M regular/M+ 1M boldの各フォントのファイル名はricty-generator.shの想定とは異なるので注意を要する。

Method

1. Inconsolata 導入

% zypper in inconsolata
 ...

※ inconsolata または google-inconsolata-fonts → software.opensuse.org: パッケージにより /usr/share/fonts/truetypeに導入されるファイル名が異なる場合もあるので注意。

2. M+ 導入

% zypper in mplus-fonts

3. ricty-generator.sh

% git clone git@github.com:yascentur/Ricty.git
 ...
% cd Ricty
% ln -s /usr/share/fonts/truetype/inconsolata.otf Inconsolata.otf
% ln -s /usr/share/fonts/truetype/mplus-1m-regular.ttf migu-1m-regular.ttf
% ln -s /usr/share/fonts/truetype/mplus-1m-bold.ttf migu-1m-bold.ttf
% ./rictry-generator auto

inconsolata.otfではなくInconsolata.otfにしておく辺りに特に注意。

4. checkinstallでrpm化し導入

install用にMakefileを書く。

% gvim Makefile
 ...
all:

install:
        install -m 644 *.ttf /usr/share/fonts/truetype

checkinstallでrpmにする。

% sudo su
% checkinstall
 ...

rpmを導入する。

% rpm -i /usr/src/packages/RPMS/x86_64/Ricty-20121208-1.x86_64.rpm
Alternative

上記 3. では`ln -s`により作業ディレクトリーに合成元のフォントファイルのリンクをricty-generator.shにautoオプションで都合の良い様に作成したが、autoオプションに寄らずコマンドラインで設定しても構わない。

% ./ricty-generator /usr/()/inconsolata.otf /usr/()/mplus-1m-regular.ttf ()-bold.ttf